近年、多くの個人事業主やスタートアップ企業が、彼らのワークスタイルに合うオフィススペースを求めてコワーキングオフィスやシェアオフィスを利用しています。

コワーキングオフィスとシェアオフィスは、従来の固定オフィスに比べてコストパフォーマンスが良く、社交的な環境でビジネスを展開することができるというメリットがあります。

コワーキングオフィスとシェアオフィスは、似ているようでいて実は異なる特徴を持っているのはご存じでしょうか?

 本記事では、コワーキングオフィスとシェアオフィスの違い、それらがどのように安くお得に利用できて、どんな個室のオプションがあるのかを紹介します。

 さあ、最適なオフィススペースを探す旅を始めましょう!

目次

コワーキングオフィスとシェアオフィスの定義

 それぞれのオフィスの定義と特徴を詳しく説明します。

また、コワーキングオフィスとシェアオフィスの違いについてお話していきましょう。

コワーキングオフィスの定義

 まず最初に、コワーキングオフィスとは、一緒に働く場所のことです。

「コワーキング」という言葉は、一緒に働く(”co-“)という意味をもっています。つまり、そこは異なる人々が同じオフィスで仕事をする場所。

コワーキングオフィスには、さまざまな人が使えるデスクや部屋があります。フリーランサーや起業家、大企業の人など、どんな人でも利用できます。そして、必要な時に必要なスペースを使えるので、とても便利です。

コワーキングオフィスには、高速インターネットやキッチン、カフェスペースなど、魅力的な設備が揃っている施設が多くみられます。これらの共有設備を使って、快適に仕事をすることができるのです。

つまり、コワーキングオフィスは、いろんな人が一緒に働ける場所で、必要なものが揃っている便利なオフィスなのです。

コワーキングオフィスの特徴

 それでは、コワーキングオフィスの主な特徴について説明しましょう。

①多様な人とアイデアの交流

 コワーキングオフィスは、いろんな人が一緒に働く場所です。

異なる仕事やバックグラウンドを持つ人たちが出会い、新しいアイデアが生まれます。ここでは、異なる考え方や視点が大事にされています。

②柔軟な使い方とお得さ

 コワーキングオフィスは、短い時間での利用や、長期間での利用など働き方に合わせた利用時間を選ぶことができます。

自分に合ったスペースを選び、必要な時に利用できるので、無駄な賃料などが発生することがなくコストも削減できます。起業家やフリーランサーにとって、とってもお得です!

③便利な共有設備

 よくある設備として、コワーキングオフィスには、高速インターネットやプリンター、キッチン、コーヒーマシンなどがあります。これらを共有して使えるので、快適に仕事ができます。

④イベントと人とのつながり

コワーキングオフィスでビジネスセミナーが行われている様子の画像

 さまざまなセミナーやワークショップなどのイベントやネットワーキングの機会が提供されます。イベントに参加することによってメンバー同士が交流し、新しいビジネスチャンスが広がります。

コワーキングオフィスは、イベントを通じてメンバー同士が学び合い、新しいスキルを身につけたり専門知識を共有したりする場として利用されることがあります。

シェアオフィスの定義

 シェアオフィスは、一緒にオフィススペースを使う場所のことです。

「シェア」という言葉は、共有する(”share”)という意味です。つまり、そこは複数の人や企業が同じオフィススペースを共有して使う場所。

シェアオフィスには、通常、個々の専用のデスクや部屋があります。これを使う人たちは、自分たちのチームやプロジェクトに合わせてスペースを選べます。

シェアオフィスもコワーキングオフィスと同様に、大企業から個人事業主まで、さまざまな人が利用します。

また、必要なスペースを柔軟に選ぶことができるので、予算に合わせたオフィススペースを見つけることができます。

 よくある共有の設備としては、高速インターネット、プリンター、会議室、共同キッチン、清潔なトイレなどが提供されています。これらを使って、快適に仕事を進めることができます。

つまり、シェアオフィスは、いろんな人や企業が共有できるオフィススペースで、自分たちに合った場所を選んで使える便利なオフィスなのです。

シェアオフィスの特徴

 それでは、シェアオフィスの主な特徴について説明しましょう。

①会社やチーム向け

ビジネスパーソンが集まって会話をしている(立ち話)画像

 シェアオフィスでは、特定の企業やチームが自分たちだけの専用のスペースを持つことが一般的です。これにより、一貫性のある作業環境を確保することができます。

②専用スペース

 シェアオフィスでは、会社ごとに専用のスペースが割り当てられることが一般的です。各企業は自社のチームやメンバーだけが利用するプライベートなエリアを確保することができます。

専用スペースには社名やロゴが掲示されることもあるので、その場所が自社のオフィスであることを明確に示すことができます。

③カスタマイズ

 シェアオフィスでは、企業が自社のブランディングやデザインに合わせてオフィスをカスタマイズすることができる場合があります。これは、企業にとって魅力的な場を作り、自社のアイデンティティを表現できるポイントになります。

④長期契約

 シェアオフィスは、通常、企業やチームが専用のスペースを使うことがあります。そのため、オフィスを長期間必要とする企業やチームに向いています。一定期間を契約することで、企業は安定した環境で成長やビジネスの拡大を計画しやすくなります。

コワーキングオフィスとシェアオフィスの異なる点

 コワーキングオフィスシェアオフィスは、共に仕事をする場所として人気がありますが、それぞれ異なる特徴を持っています。

それでは、気になるその違いを詳しく見ていきましょう。

コストの違い

コストという文字が書かれたブロックに硬貨を乗せている人の手元の画像

■コワーキングオフィス

 コワーキングオフィスは、柔軟なプランが魅力です。

通常、短期間から長期間まで利用期間を選ぶことができるので、必要なスペースを必要な時間だけ借りることができます。

この柔軟に選択できるプランのおかげで、起業家やフリーランサーにとって、予算を抑えながら高品質のオフィススペースを確保することができます。

■シェアオフィス

 一方、シェアオフィスは、通常、企業やチーム向けに専用スペースを提供しています。ここでは、長期間の契約が一般的で、企業は安定したオフィス環境を必要とする場合に最適です。

この安定性には、一定の費用がかかりますが、長期的なビジネス計画に合致します。

スペースの使い方の違い

■コワーキングオフィス

 コワーキングオフィスは、多様なプロフェッショナルな人々が共有のスペースで働く場所です。異なるバックグラウンドや職種を持つ人々と一緒に仕事をすることがあり、新しいアイデアや視点が生まれやすい環境です。

また、共用の設備や会議室を効果的に活用できます。

■シェアオフィス

 シェアオフィスは、企業やチーム向けに専用のスペースを提供しています。ここでは、独自のオフィススペースを持ち、チームメンバーが連携しやすい環境が整備されています。

プライバシーと独自性を重視する企業に適しています。

コミュニティとの関わり方の違い

■コワーキングオフィス

 コワーキングオフィスは、コミュニティとの交流が活発です。異なるプロフェッショナルな人々とのつながりが強調され、ワークショップやネットワーキングイベントなどが頻繁に開催されます。

様々な業種間でのコラボレーションやアイデアの共有が期待できます。

■シェアオフィス

 シェアオフィスでは、主に同じチームや企業のメンバーがスペースを共有します。コミュニティはより狭い範囲に焦点を当て、チーム間の協力が重要です。専用スペースを持つことで、チーム独自の文化を育成しやすくなります。

個室オプションの違い

■コワーキングオフィス

 コワーキングオフィスでは、主に共有スペースが提供されつつ、必要に応じて個室を利用することができます。

個室は、重要なクライアントとの打合せや、ビデオ会議などプライバシーが必要な場合に便利で、柔軟に使える専用の場所です。

■シェアオフィス

 シェアオフィスは、通常、企業やチーム向けに個別の部屋や独自のスペースを提供します。ここでは、自分たちだけのオフィス環境を持つことができ、プライバシーを確保し、独自性を重視する場所です。

自分たちの仕事を専用スペースで行うことができるので、効果的に業務を進めることができます。

以上が、コワーキングオフィスシェアオフィスの違いです。

どちらがあなたのビジネスに最適かをよく考えて、理想的なオフィススペースを選んでください。

コワーキングオフィスとシェアオフィスの利点

 コワーキングオフィスとシェアオフィス、両方の選択肢にはそれぞれの利点があります。

ここでは、便利な個室プランがあるコワーキングスペースとシェアオフィスの利点について探っていきたいと思います。

コワーキングオフィスの利点

 はじめに、コワーキングオフィスの利点についてお話します。

プライバシー・集中力の向上

プライバシーという文字に虫眼鏡を当てている画像

 個室を提供するコワーキングオフィスでは、他のユーザーとの間に壁やパーティションがあるため、自分のスペースを保ちながら仕事に集中できます。

例えば、あなたがデザイナーで、クリエイティブなプロジェクトに取り組む場合を考えてみましょう。

個室を利用すれば、周囲の騒音や他のメンバーの活動に左右されず、デザインに集中することができます。

 この個室の利点は、例えば営業担当者が大事なクライアントとの電話会議を行う場合にも当てはまります。

個室を使えば、電話の相手に静かな環境で話すことができ、スマートにビジネスを進めることができます。

コワーキングオフィスの個室は、仕事の質と効率を向上させ、自分のタスクに集中できる理想的な環境を提供します。

快適な作業環境

 コワーキングオフィスは、快適な作業環境を提供しています。高速Wi-Fi、清潔な環境、プリンターやコピー機など便利な設備の利用などが含まれているため、ビジネスの生産性を高める条件が整っています。

共有スペースだけではなく、個室の防音室を設けている場合もあり、重要な電話やオンライン会議に静かな場所を確保できます。

シェアオフィスの利点

 次に、シェアオフィスの利点についてお話します。

コミュニティとの交流

ノートPCを使用してクリエイティブな作業をしている男性と、クリエイティブなアイデアを提供している女性のイメージ画像

 シェアオフィスでは交流イベントや勉強会が開催され、他の利用者との交流の機会が豊富です。新しいアイデアの発見や業界内の情報共有が促進され、創造性やイノベーションを刺激することができます。

コスト削減

 シェアオフィスでは、賃貸でオフィスを借りる場合に発生する初期費用を大幅に削減できます。通常のオフィスでは敷金や礼金、デスクなどの購入費用が必要ですが、シェアオフィスではこれらの費用が不要です。特にスタートアップや小規模企業にとって、コスト面でのメリットがあります。

柔軟性と拡張性

 シェアオフィスは通常、利用時間や期間に柔軟性があります。必要に応じて利用期間を調整したり、チームが成長したときにスペースを拡張することができます。

ニーズに合わせて選択することで、効果的なオフィス環境を確保できるでしょう。

安い個室オプションを探す際のポイント

 コワーキングオフィスの個室オプションは、プライバシーを確保するために重要な存在です!

この章では個室オプションに焦点を当てて解説していきます。

料金体系の確認

 安い個室オプションを探す際には、利用料金だけでなく、関連するサービスや設備の料金も含めて確認することが大切です。

隠れた追加料金がないか、見落としに注意しましょう。

必要な設備とサービスのチェック

 個室オプションを利用する際には、自社のビジネスに必要な設備やサービスが提供されているかを確認しましょう。

インターネットの速度やセキュリティ対策など、気になるポイントをチェックしましょう。

場所の便利さとアクセス

オフィス街の画像

 オフィスの場所があなたのビジネスに適しているかどうかを確認しましょう。

駅から徒歩何分の位置にあるのかなど、交通アクセスや近隣施設の有無も重要です。

レビューや評判の確認

 他のユーザーのレビューや評判を調査することで、実際の利用者の声を知ることができます。

信頼できるオプションを選ぶために役立つ情報にもなりますのでチェックしてみましょう。

コワーキングオフィスとシェアオフィスのメリットとデメリット

メリット・デメリットの文字を左右の手に掲げているビジネスパーソンの画像

 コワーキングオフィスとシェアオフィスのメリットとデメリットを挙げていきます。

それぞれ比較して見てみましょう。

コワーキングオフィスのメリット

 コワーキングオフィスの主なメリットは以下4つです。

①柔軟な利用料金
②多様なコミュニティとの交流機会
③新しいアイディアや革新的な考えの共有
④ネットワーキングの場としての機能

コワーキングオフィスのデメリット

 コワーキングオフィスの主なデメリットは以下2つです。

①オープンな空間での作業が苦手な方には不向き
②人ごみや騒音が気になる場合がある

シェアオフィスのメリット

 シェアオフィスの主なメリットは以下3つです。

①プライベートな作業空間
②専用設備やサービスの提供
③閉じたコミュニティでの仕事が好きな方に適している

シェアオフィスのデメリット

 シェアオフィスの主なデメリットは以下2つです。

①コストが高め
②共有リソースの競合がある場合も

自分に合ったオフィススペースの選び方

 コワーキングオフィスとシェアオフィスには、それぞれの魅力があります。

それでは、自分に合ったオフィススペースを選ぶ際のポイントについて見てみましょう。

ワーキングスタイルと目的に合わせる

ノートPCとタブレットを使用して作業をしている人の画像

 まず、自身のビジネスニーズを明確にしましょう。個室が必要か、共有スペースで十分か、プライバシーが重要か、コミュニケーションが欲しいかなど、必要な要件を整理します。

クリエイティブな仕事をする方はコワーキングオフィスが向いているかもしれません。

集中力を重視する方はシェアオフィスが適しているかもしれません。

予算を考慮する

 予算を考慮してオフィススペースを選びましょう。

コワーキングオフィスやシェアオフィスの価格帯を比較し、予算に合った選択肢を探します。

設備とサポート体制の重要性

 オフィススペースの設備やサポート体制は、快適に仕事をする上で欠かせません。

インターネット環境やセキュリティ対策がしっかり整っているかを確認しましょう。

コワーキングオフィスが向いている人の具体例

■フリーランスのクリエイティブ職 

 デザイナー、ライター、プログラマーなど、クリエイティブな仕事をするフリーランスは、コワーキングオフィスの共有環境でインスピレーションを得やすいことがあります。

■スタートアップ企業

 小規模のスタートアップ企業は、コワーキングオフィスを利用して初期のオフィススペースを確保し、コミュニティを活用することができます。

■ネットワーキングを重視するプロフェッショナル

 コワーキングオフィスは他のプロフェッショナルとの交流機会が豊富であるため、ネットワーキングを重要視する人に向いています。

シェアオフィスが向いている人の具体例

■企業やチーム

  安定したオフィススペースが必要な企業やチームは、シェアオフィスの個室やサブスペースを利用してプライバシーを確保できます。

■成長中のビジネス

  成長段階にあるビジネスは、シェアオフィスの柔軟性を活用して成長するにつれてスペースを増減できるため、適しています。

■プライバシーを重視する職種 

 法律家、医師、会計士など、プライバシーが非常に重要な職種のプロフェッショナルは、シェアオフィスの個室を利用して機密情報を守ることができます。

以上のポイントと具体例を考慮して、自身のニーズに合ったオフィススペースを選びましょう。

FAQセレクション

頭の上にクエスチョンマークが浮かんでいる4人のビジネスパーソンの画像

 最後に、コワーキングオフィスとシェアオフィスに関するよくある質問を5つご紹介します。

Q1.コワーキングオフィスとシェアオフィスは何が違いますか?

A1:上記でもお伝えしましたが、改めてまとめて説明しましょう!

 コワーキングオフィスとシェアオフィスは、基本的には同じ概念ですが、一般的に「コワーキングオフィス」はビジネス専用の共有スペースを指し、一方の「シェアオフィス」はより広範な用途で利用可能な共有スペースを指します。

■Q2.コワーキングオフィスのセキュリティ対策はどの程度ですか?

A2:コワーキングオフィスは一般的にセキュリティに配慮しており、アクセス制限や監視カメラなどが設置されています。ただし、重要な資料や機器の管理については個人の責任が求められることもあります。

■Q3.シェアオフィスの利用契約は長期間必要ですか?

A3:一般的にシェアオフィスは柔軟な契約が可能で、長期間の契約だけでなく、短期間の利用もできる場合があります。

■Q4.シェアオフィスには個室がありますか?

A4:シェアオフィスには個室が提供されることがあります。一般的に、シェアオフィスは共有スペースが中心であるため、個室の提供はその運営会社や施設によって異なります。

個室はプライバシーが必要なプロフェッショナルや企業にとって便利なオプションです。

■Q5.シェアオフィスでのプライバシーは守られますか?

A5:シェアオフィスは基本的に共有スペースですが、一部のシェアオフィスは個室や専用スペースも提供しており、プライバシーを確保することが可能です。

コワーキングオフィスとシェアオフィスの未来

 コワーキングオフィスとシェアオフィスは今後もビジネスの形態や働き方の多様化によって、需要が高まると予想されます。

より快適で柔軟なオフィススペースを提供することで、個人事業主やスタートアップ企業の支持を集めることができるでしょう。

コストパフォーマンスの良いオフィスの紹介

 最後までご覧いただきありがとうございます。

ここまで読んでいただいた方へコストパフォーマンスの良いオフィスをご紹介します。

ExeWorks / エグゼワークス

~店舗名の由来~:Executive + Works

Executiveには「後に続く、実行する、達成する、実行力がある、計画を遂行する機能のある」という意味があり、利用者のお仕事や事業を多面的に支え、達成するお手伝いをする機能を備えたレンタルオフィスです。

■住所 

東京都台東区東上野2-13-2上野スカイビル

■料金

月額 ¥9,800- (24時間使い放題)

■魅力ポイント

・利用目的に応じて、【交流・クリエイティブフロア】【オフィスワークフロア】【作業没頭フロア】の好きなフロアを利用可能。フロアの移動も自由!

・電源設備が全席完備で、快適な仕事環境を提供。

・10ギガ高速インターネットが利用でき、スムーズなオンライン作業が可能。

・24時間営業で、自分のスケジュールに合わせて利用可能。

・無料ドリンクバー、冷蔵庫、専用ポスト(個室契約者向け)など、快適な設備が充実。

・有料サービス(カラーコピー機、郵便物転送、03番号発行、おふぃすこんびに(無人オフィスコンビニ)、電話1次受け代行)も利用可能。

 エグゼワークスは、東京都台東区東上野にある「上野スカイビル」に位置し、上野駅からは徒歩わずか3分の距離にあるのでアクセス抜群です。通勤がスムーズに行え、時間のロスを最小限に抑えられます。

 手頃な価格で高品質の設備を提供し、多彩なサービスが利用できるため、コストパフォーマンスに優れたコワーキングオフィスとして、多くのビジネスパーソンにおすすめです!

おわりに

 コワーキングオフィスとシェアオフィスは、共通点もありながら異なる利点を持つオフィススペースです。

自分のワーキングスタイルや予算、コミュニケーションの重要性を考慮して、自分に合った選択をすることが大切です。

 安い個室オプションを探す際には、明確な予算やサービスの比較、評価や口コミの参考、アクセスの便利さなどを考慮しましょう。

これらのスペースを上手に活用することで、より効率的なビジネスを展開することができるでしょう。