コワーキングオフィスは、多くの都市や地域で需要が拡大しています。近年ではより自由度の高いフレキシブルな働き方が求められるようになりました。

特に、フリーランサーや自営業者、スタートアップ企業、リモートワーカーなど、自由な働き方を選ぶ人々が増えています。
 これによりコワーキングオフィスはリーズナブルな価格でプロフェッショナルな作業環境を提供する理想的な選択肢となっています。

 この記事では、上野駅徒歩3分圏内に新しくできたコワーキングオフィスの紹介とその魅力について紹介します。

この新しいオフィスがあなたの働き方をどのように変えるかを一緒に探求していきましょう!

コワーキングオフィスとは

個人デスクにしきりがあるオフィス空間

 コワーキングオフィスとは、個人や小規模企業、フリーランスなどのさまざまな仕事をする人たちが、共通のワークスペースを利用して働くことができる場所です。コワーキングオフィスは従来のオフィスとは異なり、柔軟性と自由度が魅力的なスペースとなっています。

新開放!上野駅徒歩3分圏内の最新コワーキングオフィスとは??

 ここからは、この度上野駅徒歩3分圏内にオープンした最新のコワーキングオフィス、「エグゼワークス」の魅力についてお伝えしていきましょう。

エグゼワークスの紹介

【店舗名】ExeWorks / エグゼワークス

~店舗名の由来~

Executive + Works

Executiveには「後に続く、実行する、達成する、実行力がある、計画を遂行する機能のある」という意味があり、利用者のお仕事や事業を多面的に支え、達成するお手伝いをする機能を有したレンタルオフィスを目指します。

 エグゼワークスは、上野駅からわずか3分の魅力的なビジネス拠点

コワーキングオフィスは、創造性が溢れていて、協力とイノベーションが生まれる場所です。

モダンでスタイリッシュなデザインが広がる空間で、新しいアイデアが芽生え、成功への第一歩を踏み出すのにぴったりの場所なんです。ぜひ一緒に楽しい仕事をしよう!

■住所      :110-0015 東京都台東区東上野2-13-2上野スカイビル 
■アクセス :上野駅から徒歩3分!
■営業時間 :24時間営業(スタッフ10時~19時在籍)
■wifi    :◯ 
■電源設備 :全席完備 
■月額会員 :月額9,800円で24時間使い放題! 
■設備
【無料・レンタル設備】専用ポスト(個室契約者)・ドリンクバー(緑茶・コーヒー)・ディスプレイ無料貸し出し・コード類各種・使い捨て耳栓・ヘッドフォン・ホワイトボード・冷蔵庫・喫煙所
【有料設備】カラーコピー機・おふぃすこんびに・ロッカー・03番号発行・郵便物の転送・電話1次受け代行 
■特徴
★10ギガ高速インターネット提供
★24時間出入り可能
★利用目的に合わせてコンセプト分けされたフロアを移動可能
 ※【交流・クリエイティブフロア】【オフィスワークフロア】【作業没頭フロア】
★長時間利用に適したオフィスチェアを設置

エグゼワークスで叶う!~働き方の変革~

 エグゼワークスは働き方の未来をリードしていく場所です。今までのオフィスに縛られず、柔軟なスケジュールで仕事をすることができます。

使い方に合わせて設計された異なるコンセプトのフロアから選ぶことができます。

クリエイティブなアートやイベント、ワークショップに触れて、仕事に新しい視点をもたらしましょう。

フルタイムの勤務やフレキシブルな働き方、リモートワーカーにも対応可能なため、すべてのライフスタイルに合わせて利用できます。

エグゼワークスでお得に!~コストと利便性~

 エグゼワークスはビジネスの成長をサポートして、コストを効果的に節約可能な魅力的な場所です。ここでは、高品質の設備、高速Wi-Fi、会議室、そして無料ドリンクバーが使えて、経費の無駄をカットできます。

上野駅から徒歩わずか3分の絶好の立地により、通勤の手間を最小限にし、仕事の生産性をアップすることができます。あなたのビジネスに合わせて、柔軟なプランを提案します。

エグゼワークスで新しい働き方を試して、仕事とライフスタイルを調和させましょう。あなたの成功をサポートし、共に未来を築くパートナーとしてここにいます。

FAQ

 コワーキングオフィスについて読者の皆さんがよく持つ疑問や質問に答えていきます。

Q1.シェアオフィスとコワーキングスペースの違い

A.シェアオフィスは、異なる会社や個人が同じオフィススペースを共有する仕組みです。通常、専用のオフィスを持っていない企業やフリーランサーが、必要な時だけそのスペースを使えます。

それぞれに個別のデスクや会議室が割り当てられていて、長期的な利用もでき、シェアオフィスは、プロフェッショナルなビジネス環境を求める人にぴったりです。

一方、コワーキングスペースは、個人や小さな企業がフレキシブルに使える共有の作業スペースです。コワーキングスペースはオープンな雰囲気で、いろんな人がさまざまな目的で利用します。

フリーランサーやスタートアップ、アーティスト、エンジニアなどが集まって、交流やコラボレーションのチャンスも提供しています。
コワーキングスペースでは、自分のデスクを固定せず、日ごとまたは時間ごとに利用料を払って使うことが一般的です。

簡単に言うと、シェアオフィスはビジネス向けのスペースで、専用のデスクや会議室を共有するスタイル。

一方、コワーキングスペースはフレキシブルで、いろんな人が集まって仕事を進めたり、交流したりする場所として主に利用されています。

Q2.コワーキングスペースの現状は

A.2023年の現在、コワーキングオフィスは日本全体で急速に普及しています。コワーキングスペースの存在は、フリーランサーやスタートアップ企業、中小企業など、従来のオフィス環境に縛られずに柔軟な働き方を求める人々にとって魅力的な選択肢となっています。

Q3.バーチャルオフィスはなぜ必要?

A.バーチャルオフィスが必要な点を下記にいくつかまとめてみました。

低コスト

 バーチャルオフィスを使えば、実際のオフィスを借りるよりずっとリーズナブルな価格で、ビジネスの拠点を持つことができるんです。特に、起業家やスタートアップ企業、そして小規模事業者にとっては、負担の少ない選択肢となります。

場所に縛られない柔軟な働き方

  バーチャルオフィスを利用することで、場所に縛られずに仕事を進めることができます。従来のオフィススペースを必要としないため、リモートワーカーや自営業者にとって適しています。

信頼性とプロフェッショナリズム

 バーチャルオフィスは、ビジネスの拠点としての信頼性やプロフェッショナルなイメージを提供します。郵便物や電話を受け取るサービス、専用の電話番号を持つことで、クライアントや顧客からの信頼を高めることができます。

事務支援サービス

  バーチャルオフィスでは、必要に応じて電話応対や郵便物の転送、会議室の利用などの事務支援サービスを受けることができます。これにより、ビジネスの効率性をアップさせることができます。

地理的な拠点

 バーチャルオフィスは、異なる地域に仮想的な拠点を持つことができるため、地理的なメリットを最大限に活かして事業を広げたり、顧客にサポートを提供したりすることができるんです。

これらの理由により、バーチャルオフィスは多くの企業や個人にとって有用なビジネスの選択肢の一つとなっています。

Q4.コワーキングスペースの推移は

コワーキングスペースのイメージ画像

A.最初のコワーキングスペースは、2006年ごろ、アメリカのニューヨークで誕生しました。それから、テクノロジーの進化と柔軟な働き方の需要が高まる中、世界中でどんどん増えていきました。

日本でも、2010年から2015年ごろにかけて、コワーキングスペースが急速に増えてきました。特に大都市では、起業家やフリーランス、小さなビジネスをやっている人たちがよく利用しています。

コワーキングスペースは、お手頃な価格で高品質なオフィス環境を提供していることから、スタートアップ企業や個人事業主にとって、とっても魅力的な選択肢なのです。

近年では、新型コロナウイルスのパンデミックのせいで、リモートワークが普通になったこともあって、コワーキングスペースの需要がますます増え、多くの企業がオフィスを小さくして、従業員に自宅や近くのコワーキングスペースを使わせるようになっています。

しかし、需要が増える一方で、競合他社も増えたり、コワーキングスペースを運営する会社もいろいろな問題に直面しています。よって、他起業との差別化や利用者のニーズに合ったサービス提供がますます大事になってきています。

コワーキングスペースはこれからも大事な働き方のひとつとして存在し続け、利用者のいろんな要望に応えるために、柔軟性とアイデアが大切なんですね。

おわりに

 エグゼワークスは、あなたの働き方を変える新しい可能性を提供します。フレキシブルな環境でクリエイティブなアイデアが芽生え、仕事とライフスタイルを調和させる場所として、上野駅徒歩3分の絶好のロケーションに誕生しました。

私たちはあなたの成功を心から応援し、未来を一緒に築いていく仲間として、エグゼワークスでお待ちしています。ここでは、あなたが目指すビジョンや目標を実現するためのサポートがたくさん用意されています。

我々はあなたの成功を応援し、未来を共に築くパートナーとして、エグゼワークスでお待ちしています。

さあ、新しい働き方を体験しましょう!