新しいビジネスを始める際に、オフィスを開設することは一大ステップですね。

しかし、成功には計画と入念な準備が欠かせません。

この記事では、オフィス選びの基本から必要な設備や備品、コスト管理、そして成功の秘訣まで、オフィス運営に関するすべてをわかりやすく解説していきます。

さらに、スタートアップ企業からも注目されているコワーキングオフィスの利用についてもお話ししましょう。

オフィスを運営する際のポイントを共に学んでいきましょう!

目次

オフィススペースの選び方

ノートPCを使用して業務を行っている人の手元の画像

 ビジネス成功への第一歩はあなたのビジネスに適している場所を見つけることです。

オフィススペースはどのようにして選んだら良いのでしょうか?

以下で、オフィスの選び方について考えてみましょう。

どの地域を選ぶ?

 オフィスの地域選びは非常に大切です。

まず、顧客やクライアントのアクセス性を考えましょう。都市部や中心部に近い場所は、交通の便が良くアクセスしやすいところが魅力です。

また、人が集まる場所では商業活動が盛んに行われているため、ビジネスの展開に適していることが多いです。

オフィスの広さを決める

多くのデスクと椅子が並んでいる規模の大きいオフィスの画像

 オフィスの広さを決める際には、従業員の人数や業務の性質を考えましょう

十分なスペースがなければ、従業員の快適性や生産性に悪影響を及ぼす可能性があります。逆に、余分なスペースを確保しすぎるとコストがかさんでしまいます。

また、将来の事業拡大に備えて柔軟性を持たせることも大切です。

 ビジネスに合わせて必要な広さを計画的に決めることが、オフィス開設の成功につながります。

オフィスタイプの選択肢

 新しいビジネスを始める際、どのオフィススペースがあなたのビジネスに最適なのかを考えるのが大切です。

ビジネスの性質やニーズに合わせて、以下のオフィスタイプから選ぶことができます。

①レンタルオフィス

 レンタルオフィスとは、設備や家具が完備されたオフィススペースを一時的に借りることができる場所です。よくあるオプションとして、家具や高速インターネット、清掃などが含まれています。

契約が柔軟で、ビジネスに合わせてスペースのサイズを変更できるため、新しいビジネスにぴったりです。

②オフィスビル

 オフィスビルは、多くの事務スペースやオフィスが集まった建物のことです。通常、複数の企業が同じ建物内に独自のオフィススペースを借りて、業務を運営します。

自分で設備や家具を整えるオフィススペースですので、初期のスペース自体はほぼ空白です。

長期のビジネスプランに向いており、カスタマイズ性が高く、独自のビジネスイメージを構築できます。

③コワーキングオフィス

 コワーキングオフィスは他の利用者とオフィススペースを共有する場所です。共有デスクやプライベートスペースが提供されています。

比較的価格がリーズナブルで、多くの場所で利用でき、交流とコラボレーションがしやすいのが特徴です。

④ホームオフィス

 ホームオフィスとは、仕事をするためのオフィスとして自宅を利用すること。簡単に言えば、自宅で仕事をするための専用スペースや作業環境を整えた場所のことです。ホームオフィスは低コストで運用でき、デジタルビジネスや独立した人に適しています。

 あなたのビジネスの性質とプランに合わせて、最適なオフィススペースを見つけましょう。

法的要件と許認可

ガベル(木槌)と法令集、金色の天秤の画像。法律のイメージ

 オフィスを開設するには、法律に基づいた要件を守り、必要な許可を受ける必要があります。

ビジネスを正当に行い、法的トラブルを避けるために、以下に注意しましょう。

法的要件の確認

 オフィスを開設する際には、地域や業種によって異なる法的ルールを確認する必要があります。これらのルールは税金、労働法、建築基準などさまざまな規制を含みます。

まず、ビジネスが守らなければならない法律や規制を調べましょう。
時には、専門家のアドバイスを受けることも大切です。

法的要件を守ることは、将来のトラブルを避け、ビジネスを続けるために欠かせません。最初は手間がかかるかもしれませんが、法的要件を守ることはあなたのビジネスを守り、成功への第一歩となります。

事業登記と許認可の申請

 少し難しい話になりますが、重要な所なのでよく理解しましょう。

オフィスを正式に開設するためには、事業を登記し、必要な許認可(許可と認可)を申請する必要があります。

まず、事業の形態を選び、商業登記簿に登録しましょう。これによって、ビジネスが法的に認識され、取引が可能になります。また、特定の業種や地域には追加の許認可が必要な場合もあるので注意しましょう。

商業登記簿とは・・・ビジネスに関する大切な情報を記録する特別な帳簿です。これには会社の名前、所有者の名前、住所、ビジネスの種類などが含まれます。これは、ビジネスが正式に存在することを証明し、法律に従って運営していることを示す大事な書類です。

例えば、飲食業や医療関連のビジネスでは、衛生許可や営業許可が必要です。許認可の申請は時間がかかる場合があるため、早めに手続きを始めることをおすすめします。

 適切な許認可を取得することは、ビジネスの合法性を保ち、信頼性を高める重要なステップの一つです。

基本的なオフィス備品とは

ノートPC、書類、書籍などが載っているデスクの画像

 オフィスをスムーズに運営し、効率的に業務を行うために、必要なオフィス備品をそろえることが大切です。

次に、基本的なオフィス備品について詳しく説明します。

デスクと椅子

 オフィスの中心となるアイテムはデスクと椅子。デスクは作業スペースとして欠かせません。また、快適な座り心地の椅子も必要です。

デスクのサイズや形状は作業のしやすさや利便性に合わせて選び、椅子は長時間の作業も楽に行えるよう背もたれや座面の調整ができるものを選びましょう。

従業員の快適性と健康を確保できるものが好ましいでしょう。

コンピュータとオフィス機器

 コンピューターやオフィス機器は、現代のビジネスには欠かせないものです。

パソコン、モニター、キーボード、マウスなどの基本的なコンピュータ関連機器は、様々な業務を効率的に行うために必要となるでしょう。

また、ニーズに合わせて、プロジェクターや会議用の音響機器など、会議やプレゼンテーションに使う機器の設置も検討しましょう。

書類整理用具

 オフィスでの業務には書類整理用具が必要です。ファイルキャビネット、ファイルホルダーやバインダーなどのアイテムを備えて、重要な文書や資料を整理しましょう。

これらの備品を整備することで、情報を整理し、業務をスムーズに進めることができます。

プリンターと文房具

 プリンターは文書の印刷やスキャンに必要です。適切なプリンターを選び、必要な文房具(ペン、ノート、付箋、紙など)を備えて、効果的なコミュニケーションと記録管理を実現しましょう。

文房具は日常の業務に欠かせないアイテムで、いつ無くなっても良いように適度にストックしておくことが大切です。

インターネットと通信設備のポイント

ノートPCと地球。地球からは光の線が飛び交っている。ネットワークのイメージ画像

 現代のオフィス環境において、効果的なコミュニケーションと迅速な情報アクセスは欠かせません。

ここでは、インターネットと通信設備に関する重要なポイントについて詳しく説明します。

インターネット接続の選択

 オフィスには、高速で信頼性のあるインターネット接続が必須です。

!インターネット接続の重要ポイント

☑速度と容量:ビデオ会議やファイルのアップロード・ダウンロードに適した速度と容量を確保しましょう。

☑安定性:信頼性の高い接続を提供するインターネットサービスプロバイダー(ISP)を選びましょう。

☑セキュリティ:ネットワークセキュリティを強化し、機密情報の保護を確保しましょう。

 インターネットサービスプロバイダーを選ぶ際には、スピード、信頼性、カスタマーサポートを考慮しましょう。

※インターネットサービスプロバイダー(ISP)とは・・・インターネットに接続するための会社やサービスのことを指します。プロバイダは、あなたの家やオフィスからインターネットへのアクセスを提供し、データを送受信するための通信手段を提供します。(たとえば、NTTぷらら、ソフトバンク、auなど)

ビジネスの性格に合った高速かつ安定した接続を選び、複数のデバイスが同時に接続できるように設定しましょう。これにより、スムーズな業務が可能となります。

電話とビデオ会議設備

会議室でモニターを利用してビデオ会議を行っている人々の画像

 効果的なコミュニケーションのために、電話とビデオ会議設備を整えましょう。

ビジネス用電話システムやビデオ会議ツールを導入し、遠隔地のクライアントやチームと円滑なコミュニケーションを取る準備を整えておきましょう。

また、必要に応じてヘッドセットやマイクなどのアクセサリーを備えることで、品質の高い通信を実現できます。

!ビデオ会議設備の重要ポイント

☑電話システム:ビジネス用の電話システムを導入し、顧客や取引先とのコミュニケーションを効率化しましょう。

☑ビデオ会議:リモートワーク環境を考慮し、ビデオ会議設備を用意して遠隔会議を実施しやすくしましょう。(例)Zoom(ズーム)、Google Meet(グーグル ミート)、teams(チームズ)等の様々なツールがあるので、利用ニーズに合ったものを選びましょう。

 近年、ビデオ会議は、ビジネスにおいてますます重要なコミュニケーションツールとなっています。リモートワークの増加や、グローバルビジネスの一般化、コスト削減などの観点においてビデオ会議を導入している会社が増えてきています。

ネットワークセキュリティ

 ビジネスにおいて特に重要なのがデータのセキュリティ。

適切なネットワークセキュリティ対策で、機密情報や顧客データの保護を確保しましょう。

また、社内の従業員にもセキュリティポリシーを遵守するよう教育しましょう。

!ネットワークセキュリティのポイント

☑ファイアウォール:ファイアウォールは、コンピューターシステムやネットワークを守るためのセキュリティの壁。ファイアウォールを導入して不正アクセスからデータやシステムを守りましょう。

☑アンチウイルスソフトウェア:アンチウィルスソフトウェアは、コンピューターやデバイスをウイルスから保護するプログラムです。最新のアンチウイルスソフトウェアを利用して、マルウェアからデータを守りましょう。

☑データバックアップ:重要なデータを定期的にバックアップし、データ損失に備えましょう。

 これらのインターネットと通信設備を適切に整備することで、スムーズなコミュニケーションとデータセキュリティを確保しつつ、オフィスの業務効率を向上させることができます。

快適なオフィス環境のポイント

ノートPCを操作している人の手元の画像

 生産性を向上させ、従業員の働きやすさや満足度を高めるために、欠かせないのが快適なオフィス環境であること。

快適なオフィス環境をつくるためのポイントについて見ていきましょう。

エアコンと暖房

 快適な温度環境を提供するために、エアコンと暖房システムの整備が必要です。

適切な温度設定を保ち、季節や気候に応じて快適な室温を維持しましょう。従業員の健康と快適な空間作りにつながります。

照明設備

 照明設備は、作業効率を高め、眼精疲労を軽減します。

オフィス内に自然光を取り入れることや、適切な照明を配置することが大切です。

例えば、調光機能を備えた照明器具を使用することで、あなたの好みに合わせた照明設定ができます。おしゃれな空間を好む人は、間接照明のデザインにこだわってみるのもおすすめです。

キッチンや休憩スペース

 従業員がリラックスし、休憩を取るためのキッチンや休憩スペースを整備しましょう。

快適な椅子やテーブル、飲料水の提供、電子レンジや冷蔵庫の設置など、休憩設備を充実させることで、仕事を頑張った従業員の心身をリフレッシュします。

衛生的な環境

 1日働くオフィスで気になるのは、そのオフィスが衛生的であるかどうか。清潔なトイレの維持や定期的な清掃が行われるかどうかは、オフィスの快適さに大きな影響を与えます。埃っぽいオフィスでは働きたくないですよね。

衛生的な環境を維持し、従業員の健康と快適さを確保するために、しっかりと清掃を行いましょう。

 これらのポイントに注目して対策を取ることで、オフィス環境を向上させ、従業員の生産性と満足度を高め、健康な労働環境を提供できます。

快適なオフィス環境は、ビジネスの成功に欠かせません。

セキュリティとアクセス管理

 オフィスのセキュリティとアクセス管理は、ビジネスの機密情報や貴重な資産を守り、外部からの入り込みをブロックするために非常に大切です。

セキュリティとアクセス管理について考える際に重要なポイントを説明していきます。

セキュリティシステムの導入

 セキュリティを高めるために、セキュリティシステムの導入が必要です。

監視カメラ、セキュリティアラーム、出入り口の監視などを検討し、不正な侵入から保護するための方法を整えましょう。

アクセス制御とカギ管理

 アクセス制御は、オフィス内への侵入を管理するために重要です。

電子カード、パスコード、またはバイオメトリクス認証を用いて、許可された人物のみが特定のエリアにアクセスできるように制御します。

※バイオメトリクス認証とは・・・個人の生体情報を利用して身元を確認するセキュリティ技術です。指紋、虹彩、顔、声などの生体情報を取得し、それを基に個人を識別する仕組みです。パスワードやカードキーといった従来の認証方法と比べて、高いセキュリティと利便性を提供します。

また、カギの適切な管理と変更はセキュリティを保つために欠かせません。セキュリティとアクセス管理を強化することで、オフィス内の資産やデータを守ります。

これらの対策を取ることで、オフィス内の安全を確保し、あなたのビジネスを守りましょう。セキュリティとアクセス管理は、オフィスを開設する上で検討するべき重要ポイントのひとつです。

オフィス開設のコスト管理

COST(コスト)の文字が表示されている電卓と、グラフの画像

 オフィスを開設する際には、初期投資とランニングコストの計画が重要です。

また、コスト節約の方法を見つけることも成功の鍵です。初期投資の計画とランニングコストの最適化について学び、効果的なコスト管理を行いましょう。

※オフィス開設の初期投資とは・・・オフィスを始めるために最初に必要なお金や費用のこと。ビジネスをスタートするためには、初期投資について計画し、資金を用意する必要があります。
※ランニングコストとは・・・オフィスやビジネスなどを運営する際にかかる、毎月や毎年の維持費や運用コストのことです。毎月・毎年かかるコストを計画し、管理することはビジネスの持続可能性に重要です。

それでは、詳しく見ていきましょう。

初期投資とランニングコスト

 オフィスを開設する際には、初期投資とランニングコストを考慮しましょう。

オフィス開設における初期投資の例
 オフィススペースの賃貸料
 家具やコンピューターなどの備品購入費
 初期設備や装飾の費用   など
ランニングコストの例
 オフィススペースの賃貸料
 光熱費
 従業員給与
 オフィス用品の購入費
 インターネット接続料   など

これらのコストを詳細に計画し、予算を立てることがビジネスを維持するための秘訣です。

コスト節約の方法

 オフィスを開設する際に気を使っていきたいのが、コストの節約。

例えば、オフィスを選ぶ際にコワーキングオフィスや、共有オフィススペースを選んだり、リモートワーキングを推進するなど、節約の方法はさまざまです。

コストを削減するために、契約の見直しやオフィスの供給業者の比較を行いましょう。これらの対策は、ビジネスの収益性をアップさせ、オフィス運営を持続可能なものにします。

スタートアップ企業へおすすめのオフィスの形

 前のセクションではオフィス開設の際のコスト管理についてお話ししました。

オフィスを開設する際のコストを節約することは、ビジネスを始める上で非常に重要なポイントです。

 オフィス開設の際にかかるコストを削減することにより予算を最大限に有効活用することができます。また、無駄な出費を減らすことで、長期的なビジネスの成功を築く基盤を作ることができます。

そして、予期せぬリスクに対処するための予備資金を確保できます。

不要なコストを削減して、ビジネスの成功への一歩を踏み出しましょう。

ここからは、「スタートアップ企業におすすめのオフィスの形」として、コワーキングオフィスについてお話していきましょう。

今話題のコワーキングオフィスは、コストを減らし、効率性を高めたいスタートアップ企業に選ばれています。

では、コワーキングオフィスとはいったいどんなオフィスなのかを見ていきましょう!

コワーキングオフィスとは

5人のビジネスパーソンがひとつのデスクを囲んでいる画像
デスクにはコワーキングの文字

 コワーキングオフィスは、さまざまなバックグラウンドや職業を持つ人々が、共有の作業スペースで働くスタイルです。

この名前は、「共同で働く」(コワーキング)というコンセプトから来ており、個人や小規模企業、フリーランサー、起業家など、異なるプロフェッショナルが利用します。

ここで働く人々は、個人のプロジェクトを進めたり、他のメンバーと協力して新しいアイデアを生み出したりすることができます。

コワーキングオフィスは、通常、専用のデスク、ミーティングルーム、共有スペース、高速なインターネット接続、コミュニティイベントなどを提供し、仕事を効率的に進める場所です。

コワーキングオフィスの便利な設備

 オフィスを開設する際、必要な備品や設備を調達するために多くのコストがかかってしまいます。

出来る限りコストは抑えたい・・・けれど、どれもあなたのビジネスにおいて必要不可欠なものですよね。

コワーキングオフィスでは、ビジネスを効率的に運営する為に必要な設備を提供しています。

どんな便利な設備があるのか、例を紹介しましょう。

コワーキングオフィスが提供する便利な設備の例
・専用のデスクや椅子
・冷暖房等の快適な空調
・高速インターネット接続
・プリンター
・ミーティングルーム
・共有スペース
・コーヒーやお茶などのドリンクバー
・オフィスコンビニ   
・コミュニティイベント                    など・・・

※こちらは設備の例ですので全ての施設で必ずしも完備されているわけではありません。また、利用の際に料金が発生する場合もあります。

 これらの便利な設備を利用することで、ビジネスを効率的に運営できます。そして、自分で備品や設備を調達する手間とコストを減らすことができるのです。

【コストを比較!】コワーキングオフィス vs. 通常のオフィス

スタイリッシュなオフィスのイメージ画像

 通常のオフィスを開設する場合、家具や設備の調達、設置、お手入れ、そして高い家賃など、多くのコストがかかります

例えば、オフィス家具やコピー機などの購入やレンタル、専門の清掃サービス、そして大規模なオフィススペースの家賃支払いが必要です。これらは大きな負担となり、新しくビジネスを始める方や小規模な企業にとっては資金面での課題となります。

 一方、コワーキングオフィスを利用する場合、これらのコストを大幅に削減できます。家具や設備は共有され、設置やお手入れはオフィス運営者が行ってくれます。

また、スペースを借りる際に発生するコストも通常のオフィスに比べて低く抑えられます。例えば、月々の会員費が一般的で、これには多くの場合、必要な設備やサービスが含まれています。

【通常のオフィスの場合】
家具やデスク、ミーティングルームの設置、清掃、高速インターネット接続など
必要な設備を自己負担で手配しなければいけない

事業を始める際の負担に・・・
【コワーキングオフィスの場合】
ビジネスに必要な設備が提供される!

余計な費用ををかけずに利用できる
※月々の会員費等で、共同で利用可能。施設によってサービスの内容は異なります。

 以上のように、コワーキングオフィスを選ぶことで、スタートアップや小規模企業がコストを抑えつつ、ビジネスを展開できるのです。

これは、新しいビジネスを始める人々にとって非常に魅力的な選択肢となります。

コワーキングオフィスの3つのメリット

 コワーキングオフィスのメリットはたくさんあります。

その中で主なメリットを3つ挙げてみましょう。

【コワーキングオフィスのメリット

柔軟な勤務時間を得ることができ、仕事とプライベートのバランスを取りやすくなります。

②多様なプロフェッショナルと交流し、新しいビジネスチャンスを見つけたり、アイデアを共有したりできます。

共有設備の使用により、コストを削減し、高品質のオフィス環境を手軽に利用できます。

コワーキングオフィスは、時間や場所など自由な働き方を求める人々にとって魅力的な選択肢です。

コワーキングオフィスの選び方【3つのポイント】

 それでは、コワーキングオフィスを選ぶ際の重要なポイントを紹介します。

これらのポイントに注目することで、自宅や通勤の利便性、必要な設備、価格、そしてコミュニティに合致する場所を見つけることができます。

①オフィスの場所

 オフィスの場所は第一に重要。通勤や自宅からのアクセスが便利な場所を選びましょう。これにより、通勤時間を節約し、仕事に費やす時間を増やすことができます。

例えば、駅から徒歩圏内にあるなど、従業員や打合せをするクライアントにとってアクセスのよいオフィスがおススメです。

②必要な設備とサービスの確認

 必要な設備とサービスを確認しましょう。

例えば、高速なインターネット接続、プリンターやコピー機、ミーティングルームなどが提供されているかどうかを確認し、自分の業務に必要なものが揃っているか確かめましょう。

③コミュニティ

 コワーキングオフィスのコミュニティが自分のビジネスや目標に合致するかどうかを考えることも大切です。他のメンバーとの交流や共同プロジェクトに参加したり、アイデアを共有したりすることは、ビジネスの成長に貢献します。自身の目標や価値観に合致するコワーキングオフィスを選びましょう。

 最後に、コワーキングオフィスを選ぶ前に、お試し期間を利用してみることをおすすめします。

実際にその場所で仕事を行い、自分に合ったオフィスかどうかを確かめることができます。このようにして、自分に最適なコワーキングオフィスを見つける手助けとなります。

おわりに

開放感のある清潔なオフィスのスペースでミーティングをしているビジネスパーソンのイメージ画像

 オフィス開設はビジネスの成長に向けた重要で大きな一歩です。成功するためには地道な計画と準備が欠かせません。

この記事を通じて、オフィス選びの基本からオフィス開設に必要な設備や備品、コスト節約のためのオフィスの形などを徹底紹介しました。

ぜひこの記事を参考にしていただき、ビジネスを成功に導き、新しい発展に貢献できることを願っています!

あなたのビジネスにぴったりなオフィスを開設しましょう!