近ごろ、働き方が多様化している中で、さまざまなワークスペースが注目を浴びています。
特に上野駅周辺には、柔軟性が高く自由な雰囲気のコワーキングスペースが数多く存在し、これらの場所では新しい働き方を提案してくれます。

コワーキングオフィスの魅力は、通常のオフィスとは異なり、柔軟性と創造性が最大限に引き立つ点。
自分のペースで業務を進められるばかりでなく、その場で働いている他のクリエイティブなプロフェッショナルとの交流がしやすい環境が整っているのです。

この記事では、フレキシブルなコワーキングオフィスの魅力と、上野駅周辺に誕生したコワーキングオフィスの紹介をしていきます。
上野でのビジネス展開をお考えの方々におすすめの情報となるでしょう!
ぜひ、参考にしてみてください。

ビジネス環境の変化と進化した働く場所

ひとつのデスクを何人もの人が囲んで、それぞれデバイスを利用して仕事をしている様子の画像

 ビジネスが多様化すると共に「働く場所」もさらに進化しています。
それにはどんな背景があって、どんな変化があるのでしょうか? 

ビジネス環境の変化

 ビジネスには、多様な形があります。以前はオフィスで、従業員たちが机に向かって黙々と働いていたのが一般的な働く場所のイメージだったのではないでしょうか?

近年、新型コロナウイルスの影響で企業はテレワークを導入し、通勤の自粛が広がりました。

自宅で仕事をする人が増え、中には仕事の効率が上がったり、自由な時間ができたりと良いこともありましたが、逆に自宅での仕事に戸惑う人もいたようです。

それから、「テレワーク」と「オフィスワーク」を組み合わせる「ハイブリッドワーク」という働き方を取り入れる企業も多く出てきました。

 ビジネス環境は柔軟性と効率性のバランスが求められ、テレワークやハイブリッドワークが一般的になりつつあり、働く場所や働き方のスタイルの多様性が重視されています。

「働く場所」の最新トレンドとは?

 テレワークやリモートワークが増え、働く場所には柔軟性が求められています。そんな中、テレワークの場所は自宅だけでなく、新しい「働く場所」が注目されています。

その注目の的がコワーキングオフィス。これまでのオフィススペースとは異なり、コワーキングオフィスは様々な働き方に柔軟に対応し、新しい働く場所として選ばれています。

使いやすさや充実した設備、異なる業種の人たちとの交流の場として、コワーキングオフィスは働く場所として魅力を増しています。
これからの働き方を考える上で、コワーキングオフィスがどんどん注目を集めているのです。

コワーキングオフィスの魅力

白を基調としたコワーキングオフィスのイメージ

 近年、ますます注目を浴びているコワーキングオフィスは、「柔軟性」が魅力。

☝コワーキングオフィスの柔軟性とは、どんなところでしょうか?
それは、必要な時に必要な時間だけワークスペースを使えるという所。

例えば、24時間365日いつでも利用できるスタイルのコワーキングオフィスでは、自分の働きたい時間帯で自由に仕事をすることができます。
朝活派の方や深夜に作業をしたい方、短い時間だけ利用したい方にも対応してくれる「自由に働ける場所」です。

そして、フリーランスや中小企業、起業家や、大きな企業のワンチーム、リモートワーカーなど・・・様々な働く人々が同じ空間を利用しているのがコワーキングオフィスの大きな特徴のひとつです。

異なるバックグラウンドや、様々なスキルを持つ人たちが同じ空間で働くことで、新しいアイデアが生まれ、ビジネスの発展に繋がる可能性も。
コラボレーションのチャンスが豊富で、まるでクリエイティブなアイデアが宙に舞うよう!

このコミュニティは、仕事のサポートやアドバイスだけでなく、仕事以外の面でもつながりができ、仕事をする上での楽しさも増す空間。

 だからこそ、コワーキングオフィスは今や現代の働き方において欠かせない存在となり、多くの人がその魅力を実感しているのです。

今、求められるフレキシブルな働き方とオフィスの形

フレキシブルなコワーキングオフィスのイメージ
デスクに座って作業する人も立って作業する人も、床に近い低いソファに座って仕事する人も様々な「働くスタイル」をもっている。

 働き方の自由度が高く、様々な働く人達とのコミュニティが生まれる空間であるコワーキングオフィス。

そのフレキシブルさは、多くの働く人々にとって魅力であると言えるでしょう。
そんなオフィスの形こそ、現在のビジネスシーンに求められています。

ここでは「フレキシブルな働き方」と「フレキシブルなオフィスの形」について考えてみましょう。

そもそも「フレキシブル」とは?

 「フレキシブル」とは、柔軟性や適応性の高さを指す言葉です。具体的には状況や条件に応じて変化して対応する能力や性質を表します。

例えば、フレキシブルなオフィスの形とは、働く環境やスタイルが多様であり、働く人のニーズに柔軟に対応できる特徴を指します。

フレキシブルな働き方とオフィスの形が必要とされる理由

 「フレキシブルな働き方」、そして「フレキシブルなオフィスの形」が必要とされる理由を3つご紹介します。

【フレキシブルな働き方とオフィスの形が必要とされる3つの理由

①急なビジネス環境の変化
 昨今を例に挙げると新型コロナウイルスの蔓延など、予測できない出来事によりビジネス環境は絶えず変動しています。企業が生命力を維持するためには、このような変化にすばやく適応する柔軟性が大切です。

💡フレキシブルなオフィスの形を取り入れることで、変化にすばやく適応し、競合との競争力を保つことが可能になります。

②従業員のワークライフバランスの向上
 働き方が多様化する中で、従業員は個々の生活スタイルやニーズに合わせた柔軟な働き方が選べるようになりました。(例:従来のオフィスに通勤することのないリモートワークの選択や、労働時間を自由に設定できる「フレックス制度」など)

💡フレキシブルな働き方を選ぶことで、従業員は仕事を効率的に進めつつ、同時にプライベートな時間を大切にすることができます。

③グローバルな状況
 リモートワークや分散型の働き方が一般的になる中、地理的な制約を超えて才能を活かすことが可能になりました。

💡企業は世界中の優れた人材にアクセスし、多様な視点を組織に取り入れることができます。

 このように、フレキシブルな働き方やフレキシブルなオフィスの形を採用することは、変動する環境に対応し、従業員の満足度や生産性を向上させるために必要とされています。

フレキシブルなコワーキングオフィスの6つの特徴

モノトーンイメージのシンプルでスタイリッシュなコワーキングスペースのイメージ

 ここからは、コワーキングオフィスのフレキシブルなスタイルに注目して見てみましょう。
自由度が高い柔軟なそのスタイルには、どんな特徴があるのでしょうか?

それでは、フレキシブルなコワーキングオフィスの6つの特徴をご紹介します。

特徴1・柔軟な作業スペース
 
コワーキングオフィスでは、様々なスタイルの作業スペースが提供されています。
デスク、会議室、ラウンジ、イベントスペースなど、仕事の性質に合わせて使い分けることができます。

特徴2・時間の柔軟性
 「365日24時間営業」や「何時でも出入り自由」など、通常のオフィスとは違い、営業時間が柔軟で、自分の都合に合わせて利用できるコワーキングオフィスもあります。
これにより、様々なタイムスケジュールで働くフリーランサーや起業家にも適しています。

■特徴3・コミュニティとネットワーキング
 コワーキングオフィスは異なる企業や個人が集まる場でもあり、コミュニティが形成されやすい環境です。異業種との交流を行うこともできるので、アイデアの共有やコラボレーションが生まれるチャンスの可能性も。

特徴4・設備とサービスの提供
 コワーキングオフィスでは、高速インターネット、プリンター、コピー機、会議室などの共有設備も完備されていて、働くための環境が整えられています。
これにより、個々の利用者がこれらの設備を手軽に利用できます。

特徴5・イベントとプログラム
 
ワークショップ、セミナー、ネットワーキングイベントなどが開催されるコワーキングオフィスもあります。
これにより、メンバー同士が交流し、知識を共有できる場所とチャンスが増えています。

特徴6・スケーラビリティ
 
コワーキングオフィスのスケーラビリティは、柔軟にスペースを調整できる能力を指します。
例えば、新しいテナントが入居したり、ビジネスが変動する際に、効率的かつ迅速に対応できます。これにより、変化するビジネスニーズに柔軟かつ効果的に対処でき、適切なスペース利用が可能です。

 これらの特徴によって、フレキシブルなコワーキングオフィスは様々な仕事をする人々にとって働きやすい環境になっています。

ビジネスニーズに合わせたスペースの形

 ビジネスには様々なニーズがあります。そんな様々なニーズに応じた働く環境を選ぶことが、多くの企業にとって大きな課題です。

コワーキングオフィスが提供するフレキシブルなスペースの形は、従来のオフィス環境を超えて、効率的で生産的な仕事の場を提供してくれます。

仕事の性質に合わせた柔軟なスペース調整

 柔軟なスペースは、仕事の性質やプロジェクトによって調節できることが大切です。

クリエイティブな企画やチームミーティングには、開かれた共有スペースが適しています。逆に、集中的な作業には個別の仕事ブースや、完全個室などの閉じられたスペースが有効です。
働く環境の使い分けによって、従業員の生産性向上が期待できます。

リモートワーク時代の柔軟なスペース利用

 最近では、リモートワークが一般的になり、柔軟なスペースの利用が増えました。インターネット環境や遠隔でのデータ共有が可能なツールの使用など、オフィス以外でもスムーズに作業できる環境が注目されています。
このような柔軟な環境が、現代のビジネスにおいて必要とされています。

従業員の働きやすさ向上

 柔軟なスペースを工夫し、働く環境を整えることは、従業員の働きやすさや満足度が向上するポイントです。
心地よくて機能的なオフィス環境は、従業員のワークライフバランスをサポートし、結果として企業全体のパフォーマンス向上に繋がります。

そのため、ビジネスのニーズに合わせた柔軟なスペースの選択と活用は、現代の企業にとって欠かせません。

 ビジネスニーズに合わせたフレキシブルなスペースの形を利用することは、ビジネスの成功に繋がります。

コワーキングオフィスの多様なオフィススタイル

コワーキングスペースのオープンスペースを利用してそれぞれの人々が各々の仕事をしているイメージの画像

 フレキシブルな働き方を提供してくれるコワーキングオフィス。
そこには多様なオフィスのスタイルがあります。例えば、階層によって利用コンセプトが違ったり、スペースごとに内装がガラリと違ったり・・・その姿は様々です。

どんなオフィススタイルがあるのか、そしてそれに合った働き方や、どんなユーザーが利用しているのかを見てみましょう。

共有型オープンスペース

 共有型オープンスペースは、多くのユーザーが共同で利用する広々としたエリアです。自由な配置のデスクやソファがあり、自由な座り方や作業スタイルが可能です。交流やコラボレーションが求められるユーザーに適しています。

多様なユーザーが同じ空間を利用し、時には共同で新しいアイデアを生み出し、協力し合うことのできる魅力的なエリアです。
オープンスペースはそこで働く人々を結びつけるプラットフォームとして機能します。

個室スタイル

 個室スタイルのコワーキングオフィスは、プライバシーが重視されるユーザーやチームに適しています。このスタイルは、プライバシーが重要な個人事業主やプロジェクトチーム、クリエイターなどに人気があります。

個室スタイルのオフィスは、外部の視線や騒音から開放された静かな環境で作業できるので、気密性が求められる業務や、集中力が必要な作業に向いています。

半個室スタイル

 半個室スタイルは、オープンな雰囲気とプライバシーを融合させたスペースです。大きなテーブルやパーティションで仕切られたエリアで、他のユーザーとのコミュニケーションと、個別作業の両方を楽しむことができます。

オープンな雰囲気でチーム全体が協力しやすく、個別作業を行うこともできるスタートアップ企業や、フリーランサーが好んで利用します。

イベントスペース

 イベントスペースは、ワークショップやセミナー、ネットワーキングイベントなどを開催するために特化したエリアです。
ユーザーは知識やアイデアの共有を通じてコラボレーションを促進し、新たなビジネスチャンスを見つけることができます。

カフェスペース

 カフェスペースは、リラックスした雰囲気でコーヒーや軽食を楽しみながら仕事ができるエリアです。
気軽に会話やネットワーキングができ、クリエイティブな発想を得るのに適しています。ここは、どんなユーザーも気軽に利用できるスペースです。

 これらの多様なオフィススタイルが、様々なユーザーが自分の好みに合った働き方を実現しています。

上野駅から徒歩3分!Exeworksのオフィスの特徴とは?

Exeworks上野店のコワーキングオフィス
それぞれのフロアの画像とExeworksのロゴ

 ここからは、注目のコワーキングオフィス、ExeWorks(エグゼワークス)上野店をご紹介していきます。

上野駅から徒歩3分というアクセスの良いこのコワーキングオフィスは、ビジネスシーンごとにコンセプトわけされたオフィス環境を提供しています。

いったいどんなオフィスの形があるのでしょうか?一緒に見てみましょう。

Exeworks
地下1階 作業没頭フロアの画像
▲地下1階~作業没頭フロア~
 作業没頭フロアは、周りを気にせず集中作業をしたい方や長時間作業を希望する方に最適です。オンライン会議や電話・私語を厳禁のこのフロアでは、食べ物の持ち込みも禁止になっているので、雑音を気にすることなく静かな環境の中で作業に没頭することが出来ます。

音楽はあえて流さず、ヘッドフォン貸出や使い捨て耳栓の配布も行っていますのでとにかく周りの音を気にせず作業をしたい!そんな方にオススメのワークスペースです。
Exeworks
1階 オフィスワークフロアの画像
1階~オフィスワークフロア~
 オフィスワークフロアでは、オンライン会議や電話、打ち合わせがスムーズに行え、コピー機や事務用品も完備しています。 特に、集中ブースは半個室のスペースで、背景を気にせずオンライン会議を快適に行えます。
プライベートスペースを保つことで、快適なお仕事環境をサポートします!
Exeworks
2階 交流・クリエイティブ促進フロアの画像
▲2階~交流・クリエイティブ促進フロア~
 オンライン会議や電話、打ち合わせ、雑談もOKなのが、この「交流・クリエイティブ促進フロア」。
利用者同士の交流を促進し、クリエイティブな作業をサポートします。 フロア内は遊び心のある内装で彩られ、カフェミュージックが流れる心地よい環境です。掲示板を活用して情報交換や告知も行えます。
きっと新しいアイデアが芽生え、ビジネスの可能性が広がることでしょう。
Exeworks
3・4階 完全個室フロア(レンタルオフィス)の画像
▲3・4階~完全個室フロア(レンタルオフィス)~
 完全個室フロア(レンタルオフィス)にはオートロックの鍵が各個室に備えられており、安心・安全のセキュリティ。
天井まで壁で囲まれた完全個室なので、プライバシーやセキュリティ面でも安心してご利用いただけます。ビジネスニーズに合わせて、プライバシーやセキュリティを重視したワーキングスペースを提供しています。
Exeworks
5階 会議室・喫煙スペースフロアの画像
5階~会議室・喫煙スペースフロア~
 5階には6名まで利用できる2つの会議室をご用意しています。
必要に応じて2つの会議室を繋げることで、最大12名まで使える大会議室としてもご利用いただけます。また、給茶機も完備されているので、緑茶やコーヒーを楽しみながら会議や作業ができます。

会議などの合間には、休憩できるスペースもご用意しており、リラックスした雰囲気でお仕事ができます。さらに、都内では珍しい喫煙スペースも設けており、喫煙者の方にも嬉しい環境を提供しています。

【作業没頭フロア】【オフィスワークフロア】【交流・クリエイティブ促進フロア】の3つのコワーキングスペースは利用目的に応じて好きな場所に移動することが可能。

このコワーキングスペースでは、途中での席の移動や、フロアの移動もOKなので、あなたのビジネスに合わせてワークスペースを自由自在に変えることができます。

365日24時間利用可能なので、朝早くに作業したい方にも、夜遅くに利用したい方にも、多様なワークスタイルに対応しています!

おわりに

business(ビジネス)の文字と右肩上がりの矢印をマーカーで書いている人の手
ビジネスの成功をイメージさせる画像

コワーキングオフィスは、様々な企業や個人が共有スペースで働く新しいビジネスモデルを提供しています。

そこでは、多様なワークスペースや共有スペースだけではなく、集中できる個室やオンライン・オフラインの会議が可能な会議室も用意され、ビジネスニーズに柔軟に対応できます。

将来的にも進化し続ける働き方に対応し、快適なビジネス環境を提供するフレキシブルなコワーキングオフィス。
ここでは、異なるバックグラウンドを持つ人々が協力し合いながら働くことで、新たなイノベーションが生まれます。

未来に向けて、新しい働き方とビジネスが共に成長するコミュニティとして期待されているこの場所で、あなたのビジネスをサポートします!