近年、多様な働き方が注目されています。その中でも、フリーランスと個人事業主は、自分の裁量で仕事ができるという点で魅力的な働き方として人気があります。

しかし、それぞれ異なる定義や働き方があり、特に東京という大都市では選択肢も多様で、自分に合った働き方を見つけるのは容易ではありません。

そこでこの記事では、東京でフリーランス・個人事業主として働く際の、働き方とおすすめコワーキングスペースについて詳しく解説します。

さあ、あなたも自由な働き方を手に入れて、充実した人生を送りましょう!

フリーランスと個人事業主の違いとは?

個人事業の再開・廃業等の届出書との書類の上にペンが置かれている画像

この質問にどう答えるべきか、迷ったことはありませんか?

フリーランスと個人事業主は、どちらも独立して働く形態ですが、実は重要な違いがあります。混同されやすい言葉ですが、それぞれの定義と、会話での使い分け方を理解しておきましょう。

フリーランスと個人事業主:それぞれの働き方

■フリーランス
 フリーランスは、特定の企業に雇用されず、個人としてスキルや専門知識を活かして案件ごとに仕事を請け負う働き方です。クライアントとの契約に基づき、納期までに成果物を納めます。

フリーランスの働き方は、非常に自由度が高いのが特徴です。時間や場所を自由に選択でき、自分のペースで仕事を進めることができます。

 フリーランスとして活躍する職種は多岐にわたり、ライター、デザイナー、エンジニア、コンサルタントなどが代表例です。近年では、Webマーケターや動画クリエイターなども増えています。

💡東京などの都市部では、IT関連、クリエイティブ関連、コンサルティング関連のフリーランス案件が多い傾向があります。

■個人事業主
 個人事業主は、税務署に開業届を提出し、個人として事業を運営する人です。事業所得を得るために、継続的に事業を行う必要があります。個人事業主は、事業を運営するため、事務手続きや経理処理など、様々な業務をこなす必要があります。

 事業内容は、商品販売、サービス提供、不動産賃貸など、非常に幅広いです。飲食店、美容院、個人商店などが身近な例でしょう。

💡東京に限らず、全国的に個人事業主として活動する人は多く、地域に根差したサービスを提供しているケースも多く見られます。

★フリーランスと個人事業主の本質的な違いは開業届の提出

●フリーランス:
開業届の提出は必須ではない
●個人事業主: 開業届の提出は必須

※つまり・・・開業届を提出したフリーランスは、個人事業主となり開業届を提出していないフリーランスは、個人事業主とはみなされません

開業届の提出こそが、フリーランスと個人事業主を分ける本質的な違いとなります。

 では、前述した「法人ですか?個人ですか?」という質問についてどう答えるか考えてみましょう!

💡「法人ですか?個人ですか?」と聞かれた場合

会話の中で、フリーランスと個人事業主を上手に使い分けることは、自分の働き方を正確に伝えるために重要です。


ポイントは質問の意図を正しく理解すること!
●法人格の有無を尋ねられているのか
●働き方を尋ねられているのか

★法人格の有無を尋ねられたら・・・自分が個人事業主として働いている場合は「個人事業主です」と答えます。

★働き方を尋ねられたら・・・フリーランスとして働いている場合「会社に所属せずに、フリーランスとして活動しています」と説明します。

開業届・税金・社会保険・労務管理・信用【5つの項目を比較】

 フリーランスと個人事業主、どちらも独立して働く働き方として人気が高まっていますが、実は大きな違いがあります。

先程お伝えした、開業届の有無によって、税金、社会保険、労務管理、信用など様々な側面に影響を与えます。

💡フリーランスと個人事業主:5つの項目を比較

項目フリーランス個人事業主
開業届不要必須
税金確定申告が必要確定申告が必要
社会保険加入任意加入任意(国民健康保険・国民年金のみ)
労務管理自身で管理自身で管理
信用個人信用個人事業主としての信用

 開業届の有無によって、様々な違いがあるフリーランスと個人事業主。どちらを選ぶかは、自身の事業内容、目標、将来的な展望などを総合的に判断して決めることが重要です。

東京でフリーランスとして働く:メリット・デメリット

東京でフリーランスとして働くメリット・デメリット

 東京でフリーランスとして働くことは、自由と可能性に満ち溢れた魅力的な働き方です。しかし、華やかなイメージとは裏腹に、現実的な課題も存在します。

メリット

◎時間や場所の自由
 自分のペースで仕事ができるため、ワークライフバランスを実現しやすいです。通勤時間やオフィス環境に縛られず、東京という大都市であっても、自宅やカフェなど、好きな場所で仕事を進めることができます。

◎多様な仕事に挑戦
 興味のある仕事を選べるため、キャリアアップの幅が広がります。東京では、様々な企業やプロジェクトが立ち並ぶため、幅広いジャンルの仕事に挑戦することができます。

◎高い収入の可能性
 実力次第で高収入を得られます。東京は日本経済の中心地であり、フリーランスでも高い報酬を得られる可能性があります。

◎自分の裁量で仕事ができる
 仕事内容やスケジュールを自分で決められるため、高いモチベーションで仕事に取り組めます。型にはまった仕事ではなく、自分のアイデアを活かした仕事ができるのもフリーランスの魅力です。

デメリット

◎収入が不安定
 収入が仕事量に左右されるため、安定した収入を得ることが難しいです。特に東京は物価が高いため、収入が不安定だと生活が苦しくなる可能性もあります。

◎社会保険に加入できない
 自営業は国民年金と国民健康保険のみ加入できるため、老後や病気の備えが必要です。また、東京では、医療費も高額になるため、社会保険への加入は必須です。民間保険等で、補償を充実させることも検討しましょう。

◎自分で営業/経理/事務を行う必要がある
 すべての業務を自分で行う必要があるため、時間と労力がかかります。東京では競争も激しいため、営業活動に注力する必要があります。マーケティングやセールスのスキルを磨くことで案件獲得を効率化することができます。

◎孤独を感じやすい
 周囲に相談できる人が少ないため、孤独感を抱えやすいです。東京は人口密度が高く、人との繋がりを作りやすい環境ではありますが、フリーランス・個人事業主の場合は、孤独を感じる人も多いようです。

東京で個人事業主として働く:メリット・デメリット

東京で個人事業主として働くメリット・デメリット

 東京で個人事業主として働くことは、安定した収入と事業成長の両立を目指す人にとって魅力的な選択肢です。しかし、フリーランスとは異なるメリットとデメリットが存在するため、自分に合った働き方を選択することが重要です。

メリット

◎フリーランスよりも税金や社会保険料が安い
 青色申告で税金や社会保険料を節約できます。東京は物価が高いため、少しでも支出を抑えることは生活にとって大きなメリットとなります。

◎融資を受けやすい
 日本政策金融公庫や地方自治体など、個人事業主向けの融資制度が充実しています。東京は起業支援制度が豊富であり、資金調達を有利に進めることができます。

◎信用を得やすい
 個人事業主としての信用を築けるため、事業拡大につながります。東京で信用を築くことは、新たな顧客獲得やパートナーシップ形成、事業拡大に大きく貢献します。

デメリット

◎フリーランスよりも自由度が低い
 法律や規制の影響を受けるため、自由度の高い働き方は難しいです。東京は規制が厳しい都市でもあるため、時間や場所の制約を受ける場合があります。

◎開業届の提出が必要
 税務署に開業届を提出しなければなりません。東京でも、開業届の提出は義務であり、提出しないと青色申告ができなかったり、融資を受けにくくなったりするなどのデメリットがあります。

開業届の提出には、書類の準備や提出手続きが必要となりますので、事前にしっかりと準備しておくことが大切です。

◎確定申告が必要
 毎年確定申告をしなければなりません。ですが、東京は税務署も多く、確定申告のサポートサービスも充実しているので、そこまで負担にはならないでしょう。

 
 自分に合った働き方を見つけるためには、フリーランスと個人事業主それぞれのメリットとデメリットを理解し、自身の状況や目標に合わせて慎重に判断することが大切です。

税金や社会保険に関する知識を身につけておく、必要な資格を取得しておく、顧客を獲得するための営業活動を行うなど、様々な準備が必要です。

自分に合った働き方を見つけ、東京成功を収めましょう。

東京で働くフリーランス・個人事業主にはコワーキングスペースがおすすめ!

オフィスのデスクにノートPCや観葉植物が置かれており、近くにホワイトボードがある画像

 東京で働くフリーランスや個人事業主にとって、コワーキングスペースは理想的なワークスペースです!

東京は家賃が高いため、オフィスを借りる経済的な負担が大きいだけでなく、通勤時間やオフィス環境などの制約も受けやすくなります。

自宅で仕事をする場合、家族や周囲の騒音、誘惑などにより集中力が途切れやすく、孤独感を感じることも多くなります。

フリーランスや個人事業主は、時間や場所に縛られない働き方が可能です。しかし、集中できる環境人との交流の機会がないと、モチベーションを維持したり、新しいアイデアを生み出したりすることが難しくなります。

コワーキングスペースは、これらの課題を解決し、フリーランスや個人事業主が効率的に仕事を進めるための最適な場所と言えるでしょう。

コワーキングスペースは、自宅では集中できない、人との交流を求めている、新しい情報を得たい、設備を充実させたいなどのニーズを満たしてくれる場所です。

コワーキングスペースの選び方

5つのポイント
コワーキングスペースの選び方
・利用目的
・アクセス
・設備
・料金
・雰囲気と口コミ

 自分に合ったコワーキングスペースを見つけるには、以下の5つのポイントをチェック!

💡コワーキングスペースの選び方【5つのポイント】

①利用目的 
 仕事に集中したい? :静かな環境、個室・ブースがあるか確認 
 人と交流したい? :コミュニティスペース、イベント開催状況をチェック 
 イベントを開催したい?: 会議室、キッチンなどの設備があるか確認

②アクセス 
 自宅からのアクセス・駅からの距離・周辺環境をチェック

③設備
 Wi-Fi、プリンター、コピー機などの基本設備はもちろん、その他にも必要な設備があるかどうか?セキュリティはしっかりしている?など

④料金 
 ドロップイン・デイプラン・月額プランなど使用頻度に合ったプランはある?
 
⑤雰囲気と口コミ 
 仕事に集中できる環境?人と交流しやすい環境?モチベーションが上がる環境?
 ネットで口コミをチェックするのも忘れずに!

おわりに

「東京」「ExeWorks」
自分に合ったコワーキングスペースを見つけて東京で成功を収めましょう!

 東京でフリーランス・個人事業主として働くことは、自由と可能性に満ち溢れた魅力的な働き方です。

自分に合った働き方を見つけるためには、フリーランスと個人事業主それぞれのメリットとデメリットを理解し、自身の状況や目標に合わせて慎重に判断することが大切です。

そして、東京で働くフリーランス・個人事業主にとって、コワーキングスペースは最強のワークスペースと言えるでしょう。

自分に合ったコワーキングスペースを見つけて、東京で成功を収めましょう!

東京で働くフリーランス・個人事業主の皆様におすすめ!

上野駅から徒歩3分!ExeWorks

ExeWorksはフロアごとにコンセプト分けされ、コワーキング・会議室・レンタルオフィス・バーチャルオフィス4つの機能を兼ね備えた総合ビジネスサポート施設です!

【アクセス】
●東京メトロ銀座線・日比谷線 上野駅3番出口より徒歩3分
●JR上野駅 広小路口より徒歩5分
●JR御徒町駅  徒歩5分
●新御徒町駅  徒歩7分
●仲御徒町駅  徒歩5分
●京成上野駅  徒歩8分

★上野駅はもちろん、御徒町や秋葉原からもアクセス抜群です♪